三井住友銀行おまとめローン

定期預金が低金利時代における希望の光

定期預金が低金利時代における希望の光

わたしたちがお金を管理する方法にはいろいろあります。 自宅の金庫に保管しておくこともできますし、お金を運用させて、お金に働いてもらうこともできます。 さらには、銀行に口座をつくって預金しておく、一定期間預け入れをしておくという方法、 給料から一定額を差し引いて貯金することのできる方法、さらには積立金などを活用する方もおられるでしょう。 方法は様々ですが、多くの場合には、より確実な仕方で将来に対する備えをしておきたいという願いの表れになるでしょう。

そのように考えるときに、将来に備えておくのであれば、 少しでも金利が高ければ、元金に加えて利息によって、より資産が増えることになります。 だからこそ、多くの方は普通預金から始めたとしても、より有利な金利を引き出すことのできる定期預金について考慮することになるのです。 定期預金に関しては、多くの方が安心して預け入れしておくことができるというメリットを感じているようです。 さらに、リスクが少ない点や、一般の預金にしておく場合に比べると、金利が高いということも挙げられます。

しかし、そのような発想は実は過去のものである可能性があります。 確かに昔であれば、普通預金と定期預金の間には大きな開きがありました。 しかし、その後の日本は低金利社会になり、いまでは定期預金でも悲しくなるほどの金利しかつかない場合があります。 もちろん、金利だけに利用価値を見出すわけではない方もあるでしょう。 しっかりと、しかも着実に貯蓄を増やしていくことが、性格的に難しい場合もあるかもしれません。 そのような場合には、金利にとらわれることなく、数年後に確実な仕方で恩恵にあずかることができるというメリットがあります。

しかしながら、せっかく自分の資産をそこにおいておくわけですから、 その分のメリットが金利という仕方でなければ困るというのも事実ではないでしょうか。 そのような方は、最近ではかなりの数に上っている、インターネット銀行に注目してみると良いでしょう。 そのようなインターネット銀行の場合は、多くて10倍くらいの金利を提供しているところがあります。 そのようなインターネット銀行の中には、大手の銀行と大企業の共同出資の形をとっている「じぶん銀行」のようなところもあります。 是非一度、そのような可能性についても検討してみましょう。